今すぐ気軽に相談できる「セラメール」
コラム

将来の不安を取り除く方法ランキング!google検索で最も多かったのは?

お気に入り追加

将来のお金・結婚・その他漠然とした不安…色んな不安を抱えて人生が楽しめない人へ。将来の不安を取り除く方法をランキング形式でご紹介します。

ランキングはgoogle検索上位サイトで多いもの順で作成しました。また、不安をなくすための方法の方法論を併せて分析していきます。

将来の不安を取り除く方法ランキング

ランキングの作成にあたっては客観性を担保するため、検索上位サイト(google、上位14記事)で紹介されている数が多い順に作成しました。検索ワードは「将来 不安」です。

なお、アンケート記事や特定の不安に特化していて参考にできなかった記事は除外しています。

将来への不安対策ランキングTOP10

1位:不安の捉え方を変える(7票)
2位:一度考えるのを止める(6票)
3位:今を大切にする(5票)
3位:不安を見える化する(5票)
5位:習慣を整えてストレスを減らす(4票)
5位:とにかく行動あるのみ(4票)
5位:自分の価値観・本心と向き合う(4票)
8位:話してみる相談する(3票)
8位:不安を煽られていることを自覚する(3票)
10位:情報を集める(2票)

1位:不安の捉え方を変える(7票)

不安はパワーの源
不安があるから人は成長する
将来への不安は誰でも持つ違うのは行動だけ
今まで生活できているのは凄いこと
なんとかなる
不安を持てているだけ優秀な証拠

色々な捉え方が紹介されていて、どれも一理あります。気が和らぐ自分の中で一番しっくりくる捉え方を持っておきましょう。

2位:一度考えるのを止める(6票)

不安になっている時は、何をどう考えても悪い方向にしか思考が働きません。一度考えるのをやめて時間を置くこと、これが最善手だったりします。

時間が解決してくれることもあります。もし周りが不安を煽ってくるなら周りと比較しないよう一時距離を置くのも有効です。今の自分に解決できない、どうしようもない問題は後回しにする…一度考えるのをやめてみましょう。

”不安は蜘蛛の巣のようにもがくほど絡まってくる”

3位:今を大切にする(5票)

将来ばかりに目を向けないでもっと今を大切にしましょう!という不安解消方法も多く紹介されていました。将来を気にして今を犠牲にするのはもったいないですから。

まぁでも「それができたら苦労しない」という声が聞こえてくる気がしますが…なので不安を抱えたまま今できることに集中するということが大事でしょう。将来は”今”の積み重ねと自分に言い聞かせ無理やりでも今を生きる。そのうち見えてくるものもあるでしょう。

”全部抱えたまま今に集中する”

同3位:将来の不安を見える化する(5票)

将来の不安の正体を考えたことはありますか?老後の資金が不安…どう不安なのでしょう?今の貯金で足りるかが心配なら試算してみればいい。このように不安の正体は小さな心配の集合体です。

1つ1つの問題は決して難しくはない。でも多すぎて得体のしれないものに見えるから怖くて不安なのです。まずは頭で考えずに一つ一つ不安を書き出してみる。

”不安の正体は実は小さな心配ごとの集合体”

5位:習慣を整えてストレスを減らす(4票)

運動、良質な睡眠、入浴、マッサージ、趣味に没頭する、人付き合いを絞る…etc

心と体は互いに影響しあいます。風邪を引いていると心も弱るでしょう?逆に体が元気なら心も元気になりやすい。そこで習慣を整えて体のコンディションを整えるのは、悪い方向に考えて不安を増長するのを防ぐ効果が期待できます。

”健康な肉体に健康な心が宿る”

同5位:とにかく行動あるのみ(4票)

人間の脳は暇を与えると後ろ向きなことを考える性質があるといわれています。「もしかしたらこうなるかも」と悪いことを想定する…それは生物の危機感知能力の賜物です。

逆に言えば、考える暇を与えなければ将来への不安に心を奪われることも少なくなります。今自分にできる行動に集中してみましょう!

”不安は頭ではなく行動で解消するもの”

同5位:自分の価値観・本心と向き合う(4票)

不安になってしまう原因は、自分が本当に大切したいことが何かわかっていないことが一因にあります。周りや常識がどうなっていようが、自分にとって大切でないことは気にしなくて大丈夫です。

将来に不安を感じるということは、自分の価値観や本心を見極める時期に来たのかもしれませんね。

”雨降って地固まる…その不安は恵みの雨かも”

8位:話してみる相談する(3票)

不安を具体化できたけど対策が思いつかない…そういう場合はその道のプロに相談しましょう。お金のことはファイナンシャルプランナーに相談する、仕事のことはハローワークや転職サイトの担当者など。

また、不安が具体化できない or 心理的な負担を軽くしたいなら心理カウンセラーなど話をしっかり聞いてくれる人に相談するのがおすすめです。

”不安は抱えるほど重くなる。吐き出すほど軽くなる”

同8位:不安を煽られていることを自覚する(3票)

不安ビジネスと言われるほどテレビもネットも不安を煽ってきます。不安を煽ることがマーケティング手法として成り立っているぐらいです。常に周りは余計な不安を煽ってくる…それを自覚しておくことで心の余裕が生まれます。

周囲や常識もやたらと不安を煽ってきます。実際は不安はそんなに実現しない、実現しても何とかなることも多い、特に不安を感じやすい人ほど杞憂に終わることが多いものです。

”その不安は誰かに作られた偽物かもしれない”

10位:情報を集める(2票)

情報を集めるのは【不安を見える化】した後のプロセスです。不安を見える化するという項目でも述べた通り、人間は知らないものを怖がり不安に思います。不安自体の正体を見極めたら、次は必要な情報を集めましょう。

”彼を知り己を知れば百戦殆うからず”

同10位:対処法を考えておく(2票)

対処法を考えるのは【不安を見える化】し【情報を集める】を実践した後のプロセスです。情報をもとに「じゃあどうするか」を考えておきます。

こうなるかもしれない→その場合はこうしようの繰り返しです。対処法はできれば紙などに書き出しておくことがおすすめ。対処法を書き出したらもう忘れてしまいましょう。

”不安を1つずつ確実につぶしてゆく”

将来の不安を取り除く方法論

ランキングから将来への不安を取り除くためのアプローチを分析してみると、主に「不安と上手に付き合う方法」、「漠然とした不安への対処法」の2つの視点があることがわかります。

自分がどれに当てはまるかを考えて不安への対処法を考えてみるといいでしょう。

将来の不安と上手に付き合う方法

不安に対して、やたら焦るだけや悲観してしまう人向けの方法です。ランキングに挙げたものでいうと以下の取り除く方法が当てはまります。

不安と上手に付き合う方法

1位:不安の捉え方を変える
5位:とにかく行動あるのみ
5位:自分の価値観・本心と向き合う
8位:不安を煽られていることを自覚する

不安はそもそも、後ろ向きなものではありません。不安への考え方を変えたり、あえてごちゃごちゃ考えずに行動に移すというのは有効です。

また、これを機会に自分にとって一番大事な価値観を見定めるのもよいでしょう。

将来への漠然とした不安の対処法

将来に漠然とした不安を抱えているという人は、まずは「考えてはっきりさせる」ところから始めましょう。

漠然とした不安を取り除く方法

3位:不安を見える化する
10位:情報を集める
10位:対処法を考えておく
8位:話してみる相談する

まずは不安に思っていることを全部紙に書き出してみましょう、それだけで幾分かマシになるはず。そして、必要な情報を集めて対策を考えておく。自分だけでは難しい場合は、専門家プロに相談してみましょう。そこまでできたら綺麗さっぱり忘れてしまって大丈夫。

もし、それでも不安に襲われるというのであれば、下記の対策を合わせて実践してみましょう。

漠然とした不安をかき消す方法

2位:一度考えるのを止める
3位:今を大切にする
5位:習慣を整えてストレスを減らす

脳というのは、暇を与えると不安を想定するようにできているそうです。人間の生存本能だから仕方ないですね。なので、一度考えるのをやめて今できることを全力でやってみる。資格の勉強でも、趣味を極めるでもいい…とにかく今の行動に集中して脳に考える暇を与えないというのも有効な手段です。

また、体の調子を整えるために睡眠やリラクゼーション、運動などをしてみましょう。

頭がごちゃごちゃしたら

色々試してみたけど、自分ひとりでは将来への不安をどうしようもない!という場合は、カウンセラーに相談してみることをお勧めします。

別の視点を与えてくれるし、関係ない人の方が話しやすいこともある。話すだけで気が楽になることもあります。

1通目のメールは無料で相談できる「セラメール」をご用意していますので、自分に合ったカウンセラー探しのお役に立ててください。

あわせて読みたい
無料メールカウンセリング『セラメール』ご利用案内セラナビ登録カウンセラーによる無料メールカウンセリングサービス『セラメール』は1通目の返信メールが無料となります。気軽にプロのカウンセラ...

お金・仕事の不安、健康の不安への対処法

将来の不安について、日本労働組合総連合会では『日本の社会と労働組合に関する調査2017』を発表しています。その中で、働く人に将来の不安の中身についてアンケートを実施していますが、その結果を抜粋すると以下のようになります。

自身を不安にさせているもの(全798回答)

1位:老後の不安 64.2%
2位:預貯金など資産の状況 56.0%
3位:家計のやりくり 52.4%
4位:自身の健康状態 46.0%
5位:税金や社会保険料の負担 43.7%

アンケート結果を見ると、上位5つの不安のうち健康状態を除く4つがお金と直接関係がある項目になっています。将来の不安の多くはお金が絡んでくるということです。そして、お金の問題は健康や仕事と切っては切り離せないもの…ここではお金・仕事・健康の問題に焦点を当てて具体的な対処法をご紹介しておきます。

お金・仕事の不安への対処法

実はお金と仕事の不安については、考えることは単純明快です。

余裕=生涯収入-生涯支出

思いっきり単純化すると上記のような図式になります。死ぬまでに必要なお金の総額を死ぬまでに稼ぐ収入が上回っていれば、その分は余裕になります。

そして余裕を作るためには、【生涯支出を減らす】か【生涯収入を増やす】かのどちらかしかありません。生涯支出を減らすには、家計や契約・生活の見直しを検討します。生涯収入を増やすには、キャリアアップや収入の複線化(副業など)を検討します。

一度、生涯支出と生涯収入を簡単に見繕ってみてはいかがでしょうか?不安の見える化です。そしてもう1点の核となるのが”収入の複線化”、どんなに家計を見直しても収入がなくなれば不安は消えませんから。

例えば老後の不安は、収入が減ることに起因します。将来年金が減ることはあっても増えることはありません。貯金に余裕があっても減っていくばっかりというのは、人間耐え難いものです。動けるうちに今の仕事を辞めても稼げる仕組みを作っておきましょう。

お金・仕事の不安への対処法

①生涯支出と生涯収入を見積もって不安を見える化しよう!
②収入の複線化でお金の不安を緩和しよう!
③仕事を辞めてからも稼げる仕組みを準備していこう!

健康の不安への対処法

健康な体はすべての礎です。”身体が資本”なんて言葉もあります。健康が保てなければ満足に仕事もできない…そしてお金の不安が出てくるとその他の不安も同時に引き起こしてしまいます。しっかりと対策を練っておきましょう。

健康の不安への対処法は主に2つの方法があります。

①病気や故障の予防
②健康が損なわれた場合の保険

普段の生活習慣の中で病気や故障を予防していくことがメインです。ただ、どんなに予防をしていても健康を害することはあります。例えば事故や災害は予防ではどうしようもありません。そこで、健康が損なわれたという時の備えも必要になります。

まず【病気や故障の予防】については、細かいことの前に大原則を守ることが大事です。厚生労働省が発表している『健康づくり対策』では、健康づくりの3要素として栄養・運動・休養が挙げられています。栄養・運動・休養を見直して免疫力を高めることが病気予防の最大の武器になります。

病気や故障の予防:まずは栄養・運動・休養の3つを見直そう!

 

次に【健康が損なわれた場合の保険】ですが、これは主に3つの保険を考えておく必要があります。①お金、②心構え、③行動の3つです。

お金は生命保険など…これは調べて自分に合ったものを選べばよいでしょう。心構えは想定…事故のニュースを見たときに「自分もこうなるかも」と考えておくことです。行動は健康が損なわれた時にやっておくべきことをリストアップしておくこと。

たとえ健康が損なわれたとしても、パッと切り替えられる準備をしておくことが不安を取り除く方法として有効になります。

健康が損なわれた場合の保険:お金・心構え・行動の3つの準備をしておいて、万が一のとき切り替えができるようにしておこう!

 

将来への不安を感じた時に思い出してほしいこと

将来への不安に対するアプローチのまとめ

準備:不安を前向きに捉える

①不安を見える化して対策を練る

②どうしようもないことは考えない

③生活習慣を整える

※必要なら誰かに相談に乗ってもらいながら、自分だけでなんとかしようと思わないことが大切!

それでも不安なら…病気かもしれない

これだけ手を打っても不安に押しつぶされそうという場合は、全般性不安障害・うつ病といった病気を疑ってみる必要があります。インフルエンザにかかれば病院に行くでしょう?病気には治療法がありますので心療内科などにかかって専門の治療を受けるのが一番です。

さて、いかがでしたか?将来の不安を取り除く方法をかなり詳しくご紹介してきましたが、なによりも大切なのは【1人でうじうじ抱えないこと】です。

セラナビでは、「話を聞いてあなたの心を少しでも軽くしたい」というプロのカウンセラーがあなたからの相談をお待ちしています。無料メールカウンセリングも利用できるので、気軽にご利用ください。

あわせて読みたい
無料メールカウンセリング『セラメール』ご利用案内セラナビ登録カウンセラーによる無料メールカウンセリングサービス『セラメール』は1通目の返信メールが無料となります。気軽にプロのカウンセラ...

あなたの将来の不安が少しでも和らぎますよう。

お気に入り追加

電話占いエキサイト